2015年06月30日

さっぽろシティライフをご覧ください

OLさんが働いている札幌市内のオフィスには、「さっぽろシティライフ」というフリーペーパーが配られているそうです。
先日、その編集部の方から「ローカルドリンクの特集でガラナを紹介するので情報提供してほしい」と依頼があり、お手伝いしたのですが、このたび掲載紙が発行されたようです。
↓のWEBサイトで電子版の紙面がご覧になれます。

http://book.living.jp/ebooks/cityliving/sapporo/20150626/index.html#20city2.jpg

city.jpg
posted by guarana_master at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月24日

ガラナキャラメル

ガラナキャンディーがあるかと思えば、こちらはガラナキャラメル。
なるほどなお味です(^_^)v

cyaramel.jpg

posted by guarana_master at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月22日

富良野もスゴイ!

苫小牧に負けず劣らず、ガラナの種類が多いのが富良野市です。
写真のガラナ以外に2種類、富良野にゆかりのガラナがあります。
こうした地場ガラナがたくさんあると楽しくなります。

furano.jpg

furano2.jpg
posted by guarana_master at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月21日

苫小牧はガラナ王国

苫小牧はガラナエールの生産者・(株)丸善市町さんのおl膝元。
ガラナの種類が豊富な町です。
写真のガラナのほかにも、ホッキカレーで有名なマルトマ食堂さんがオリジナルのガラナを販売されています。
苫小牧に行ったら、ぜひガラナ飲みながらドライブを楽しんでください(^^)

toma.jpg
posted by guarana_master at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月16日

旭山動物園のガラナ

旭山動物園に行ったらこのガラナを。
「地球(ほし)のガラナ」は収益の一部が『あさひやまどうぶつえん「もっと夢」基金』に寄付される仕組みになっています。

1.jpg

2.jpg

posted by guarana_master at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月15日

コアップガラナキャンディー

ドリンクではありませんが、派生商品といったところでしょうか。
販売者はコアップガラナ生産者の(株)小原さんです。

candy.jpg

タグ:ガラナ
posted by guarana_master at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月14日

コアップガラナ500ml瓶

今でこそ スクリューキャップの登場で瓶ドリンクは返却不要のワンウェイになりましたが、昔の瓶入りドリンクは王冠を栓抜きで抜くタイプで瓶は要返却のリターナブル方式でした。
コアップガラナの瓶タイプには当時500mlのものがあり、この瓶がなかなか美しいプロポーションでした。
コカ・コーラにも「ホームサイズ」という500ml瓶がありましたが、コアップの独特の瓶形状は500mlものでも健在でした。
コアップ500ml瓶の復刻を切に願います(^^)

1.jpg

4.jpg
posted by guarana_master at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月13日

闘魂ガラナドリンク

1980年頃、新日本プロレスの試合会場で「闘魂ガラナドリンク」なる飲み物が売られていたそうです。
ひまわりナッツも一緒に売っていたとか。
アントニオ猪木は昔、「アントンリブ」という名のブラジル料理店を経営していたそうですが、そこでもガラナを出していたのでしょうか。
プロレス観戦の観客も「闘魂ガラナ」を飲んで、さぞやパワーが爆裂したことでしょう(^^)

1.jpg

2.jpg
posted by guarana_master at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月12日

コアップガラナの歴史

コアップガラナがかつて全国のメーカーで生産されていたことは確かですが、どのくらいの数のメーカーがどんな風に売っていたのか、詳細はわかりません。
ただ、瓶の形状にいくつかのバリエーションがあったのは事実のようです。
「コアップガラナドリンク」という名で販売していたメーカー、ラベルのデザインやロゴが他と違うパターン、さらに、「コアップガラナ」を名乗ってはいないものの、何となく瓶の色とイラストがスタンダードなコアップに似ているものなど、調べると色々出てきそうです。
このあたりの歴史調査もいつかやってみたいものです。

2.jpg

2.jpg

2.jpg
posted by guarana_master at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月11日

ガラナの実

ガラナドリンクは、ブラジル・アマゾン地方で育つガラナの木の実からエキスを抽出したもので作られます。
ガラナエキスはガラナの実を煎り、アルコールかお湯で抽出するのですが、煎ったガラナの実とそれを挽いて粉状にしたものが写真の画像です。
ブラジル本国では、粉をお湯に溶かして食事の後に飲んだりするそうです。
ガラナエキス自体は無色透明だそうで、北海道でよく飲まれているガラナドリンクがコーラ色をしているのは、カラメル等で着色しているからです。

mi1.jpg

kona3.jpg

タグ:ガラナ
posted by guarana_master at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月10日

キャラクターもの

とくにペットボトルのガラナに多いのですが、「まりもっこり」をはじめ、キャラクターとのタイアップラベルのガラナが販売されることがあります。
現在道内で良く見かけるのは、「まりもっこり」「熊出没注意」「イカ娘」、それに、苫小牧の公式キャラクター「とまチョップ」といったところでしょうか。
これからも新しいタイアップが誕生してほしいですね。

1.jpg

1.jpg

1.jpg



posted by guarana_master at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月09日

往時のコアップガラナを偲ぶ

このコアップガラナのグラスには「岩手地区ボトリング」と記されています。
コアップガラナが全国各地のメーカーで生産されていた当時のものと思われます。
最盛期にはこうして全国に生産者がいたのでしょう。
レシピは共通といえども、全国、色々な地域のコアップを飲んでみたかったです(^^)

iwate1.jpg

iwate2.jpg

iwate3.jpg


posted by guarana_master at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月08日

ホッピービバレッジのコアップガラナ

コアップガラナというと、北海道の(株)小原さんだけが生産していると思われがちですが、このガラナはかつて全国各地の清涼飲料メーカーが生産していたため、今でも作り続けているところがあります。
その一つが「ホッピー」でお馴染みのホッピービバレッジ(株)です。
この会社のガラナは、東京の「ルノアール」というチェーンの喫茶店で飲むことができます(一部店舗をく)。
写真の瓶は形状が小原さんのものとは全く違い(同じ形状のものも作られています)、味も微妙に違いますが、昭和30年代にコアップガラナが全国で作られていた名残りとして貴重な存在だと思います。
機会があれば、ぜひ、ルノアールでコアップガラナを注文してみてください。

1.jpg

posted by guarana_master at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月06日

ガラナエール

北海道を代表するガラナとして、コアップ同様、古くからあるのがこの「ガラナエール」です。
ラベルに「HOKKAIYA」とあるように、このガラナ、もとは小樽で作られ、北海屋ガラナとして親しまれていました。小樽に昔、「北海ホテル」という西洋ホテルがありましたが、そのホテルの経営者がこのガラナを生産していました。
その後、苫小牧の丸善市町さんがこのガラナの生産を引き継ぎ、今に至っています。
もう生産を引き継いで何年にもなりますが、ラベルにずっと「HOKKAIYA」の名を刻み続けているのは初代生産者への敬意の表れでしょうか。とても素敵なことだと思います。

ss.jpg

s2.jpg
posted by guarana_master at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月05日

ダイヤモンドガラナ

ガラナドリンクは北海道オンリーの飲み物だと思われがちですが、そんなことはありません。
もともと昭和30年代中旬に、コカ・コーラの日本上陸に対抗して作られた歴史があるので、かつては全国各地で作られており、今も生産を続けている道外メーカーも存在します。
そんな中の一つが兵庫県西宮市のメーカー・布引礦泉所で、「ダイヤモンドガラナ」を生産しています。
一説には、宴会の席などで酒が飲めない人がこのガラナを飲むとかで、実際、瓶のデザインもビールに似ていますし、中身もビール色です。
味はコアップなど北海道でよく飲まれているものとは全く違い、アンタルチカガラナのようなブラジル本国のガラナに近い風味です。
道外でガラナを生産するメーカーはどんどん減っていますが、布引礦泉所さんにはぜひ頑張って生産を続けてほしいです。1.jpg


2.jpg

タグ:ガラナ
posted by guarana_master at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月04日

コアップガラナ 自衛隊バージョン

色々な企業、キャラクター、イベント等とタイアップし、デザインを変えたガラナが販売されることがあります。
そうした中でも相当の変わりダネがこの「コアップガラナ自衛隊バージョン」です。
販売者は防衛弘済会北海道支部。生産者はあのコアップガラナで有名な会社と思われます。
今も販売されているのかは定かでありませんが、かつては自衛隊基地内の売店で販売されていたと聞いたことがあります。
しかし、このタイアップは面白いですね。
自衛隊にコアップガラナの愛飲者がいたのか、イベント時に配るために作らたものなのか、他に何か理由があるのか、多くの謎が残る不思議なガラナです。1.jpg2.jpg3.jpg
posted by guarana_master at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月03日

キリンガラナ

北海道限定ガラナの中で、その風味で大きく異彩を放つキリンガラナ。
「これこそがガラナだ」という熱狂的なファンもいるようです。
キリンガラナは昔、北海道でのみ「メッツガラナ」として販売され、キリンメッツ・シリーズの中の商品でした。
以前は夏季のみ、北海道以外の地域でも自販機などで販売されたことがあったようですが、最近はそうした話を聞かなくなりました。
ガラナドリンク界で大きな存在感をみせるキリンガラナ。
これからも生産し続けてほしいものです。1.jpg1.jpg2.jpg3.jpg
posted by guarana_master at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記